宅配便の2割が再配達らしい 勝手に置いてってくれ!

P036493_s

通販の台頭で利用することも多い宅配便。うち2割が再配達になってしまっているんだそうな。

宅配便の配達時、受取人が留守で「再配達」になったケースが取り扱いの2割にのぼることが、国土交通省の調査でわかった。インターネットなどの通信販売利用者の広がりとともに、再配達も増えている。再配達はルート変更などで運送会社の負担となる。値上げにもつながりかねないと、国交省は5日、検討会を立ち上げて対策に乗り出すことにした。

宅配業者3社とともに昨年12月、都市部、都市郊外、地方の3地域に配達された宅配便計約413万個について、再配達の発生率を調べた。1回目の配達時に再配達となったのは約80万個に上った。3回以上の再配達も約3万個強(全体の約1%)に上った。

再配達される比率は、時間指定サービスでもほぼ変わらなかった。検討会には宅配業者のほか、通販業者にも加わってもらい、対策を練る。

http://www.asahi.com/articles/ASH653QY5H65ULFA00B.html

何が悪いかという原因探しをついついしてしまいますが、やはり「勝手に置いてってくれる」制度が欲しいところですね。

これこれこうで無理だ、という反対意見も目にしますが、責任はこちらでもつからなんとかしてくれると助かるところ。

よほど治安の悪いところでなければ大丈夫でしょうし。

あるいは配達員による詐取が心配ならば、宅配便が来ることがわかっているときに家の前に自前の領収書でも置いておいて、宅配員はそれがないと勝手に置いてくのはNG、というような感じでしょうか。自作宅配ボックスとの組み合わせもOKにしてほしいところ。門扉の前に無造作に置かれても雨じゃなければ大丈夫でしょう。 

いずれにせよ、なんのために他国より極めて高い治安水準を得ているのかというところで、移民で狂う前に移民が入れられなくなるような、治安を前提とした仕組みを世の中全体で入れていってもらいたいものですね。