【食レポ】 ハーゲンダッツ クリスピーサンド『白桃とベリーのタルト』レビュー! 上品な白桃に高級感溢れるベリー風味で文句なし

白桃とベリーのタルト

ハーゲンダッツ クリスピーサンド『白桃とベリーのタルト』

1

フラゲ断念により半ば存在すら忘れかけていた『白桃とベリーのタルト』。

たまたまコンビニ(セブン-イレブン)を訪れるチャンスがあり(チャンスというほど普段僻地にいるわけでもありませんが)、覗いてみると数点のみ在庫あり。基本的に脳みそがゲーマーなので発売日買いを逃すと色んな意味でテンションだだ落ちですが、一発買ってみることにしました。

3

クリスピーサンド特有の厳重パッケージ。過剰包装社会を如実に表しています。

4

いやらしいまでに食べやすいように設計されたパッケージング。

5

まるで精巧な細工のようなクリスピー。全部写っていませんが、ハーゲンダッツ(アルファベットですがGoogle日本語入力で一発で出ないのでカタカナで)のエンボスが存在感を放っています。

6

わかりにくいですが、ビジュアル的にはわざとらしい感じでクリスピーが挟まれているようにしか見えないのが面白いです。アイス、それもコーティング加工のものですのでどうしてもハンバーガーのような接着感はありません。

で、味は?

まずクリスピーは相変わらずサックサク。何物にも代えがたいですし、クリスピーだけ食べてみたい気も。工場見学とか言ったら食べさせてもらえるのかなあ。

そして白桃コーティングの風味はまさに上品。わざとらしくなく、ハーゲンダッツ特有の精密な濃厚さを感じさせます。もう一つのフレーバーであるベリーは、安いアイス特有のツンとくる風味ではなく、まるで高級ホテルのディナーか何かを感じさせる高級感溢れる味わい。

それぞれのミックスが非常に洗練された、これぞ“アイスの価格帯で群を抜いて単価の高いハーゲンダッツ”という出来栄え。

べた褒めになってしまっていますが、こいつはすごいです。

恒例の成分

2

公式サイトでも見れば一発でわかるかもしれませんが一応。

1個246というのも、やはり洗練されたハーゲンダッツ基準という感じ。クリスピーのインパクトがあるので、体積に対するカロリーはそこまで気をつけるほどではないかもしれません。単価もあるので、リッチなテイストでいきたいときにサクッと1つ、という感じ。

当ブログのほかの食レポを見る

Amazonでハーゲンダッツを検索